フラッシュメッセージの実装(Ruby, Rails)

スポンサーリンク
フラッシュメッセージの実装プログラミング

今回はRuby on Railsにおけるフラッシュメッセージの実装についてです。

スポンサーリンク

フラッシュメッセージの実装

こんなやつ

フラッシュメッセージとはアクションの実行後に簡単なメッセージを表示するRailsの機能。

例えばあるサイトにログインしたら画面上部に「ログインしました」などの表示がされるもの。

今回はHamlの中に記述します。

また、デフォルトが英語のため設定を日本語に変える必要があります。

フラッシュメッセージ実装の手順

1. app/views/layouts/_notifications.html.haml

.Notification

  – flash.each do |key, value|

    = content_tag :div, value, class: key

Rubyの「キー」と「バリュー」のようなハッシュ形式で表す。

2. app/views/layouts/application.html.haml

= render ‘layouts/notifications’

3. _falsh.scssでスタイリング→ application.scssにインポート

スタイリングはお好みで。

フラッシュメッセージ: 日本語化の手順

4. config/locals

devise.ja.ymlとja.ymlファイルを新規作成→それぞれに外部からコピペしてきたものを貼り付ける。

devise.ja.yml

ja.yml

5. application.rb

config.i18n.default_locale = :ja

118ではなくi18です。私は118と入力していたことにずっと気づかず日本語化できませんでした。

ちなみにこの「i」は「international」の意味だそうです。

まとめ

細かな機能ではありますが、少しずつ機能が実装されていくのを見ると楽しくなってきますね。

コメント