プログラミングスクールでテックキャンプ に入った理由

スポンサーリンク
プログラミングスクール・テックキャンプ で感じた事プログラミング

未経験からエンジニアになりたい人が増えているのではないでしょうか。

私もその中の一人です。

現在はテックキャンプ というプログラミングスクールを卒業し、転職活動中です。

賛否両論あるプログラミングスクールですが、私はスクールに通った方が効率が良いと考えています。

本記事ではこれから本格的にプログラミングを始めようとしている方におすすめです。

こんな方におすすめ
  • 未経験からエンジニアになりたい
  • プログラミングスクールって通った方がいい?
  • テックキャンプって実際どうなの?
  • 転職活動はどんな感じ?

スポンサーリンク

プログラミングスクールって通った方がいい?

プログラミングスクールって通った方がいい?

プログラミングスクールは基本的に通った方がいい

プログラミングスクールはライザップのようなものだと考えています。

勉強をサボれない環境を半ば強制的に作る事でに学んでいくことができます。

また、独学は全くの未経験者がやるとなるとめちゃくちゃ時間がかかります。

お金を払って時間を買う、将来絶対にエンジニアになると決意した人はスクールに通った方が効率的です。

独学がいい人

  • スクールに通うお金がない人
  • 自らネットで調べたり教材を使ってアプリを作れる
  • 自制心が強く、自ら立てた計画を元に継続的に学習できる
  • 周りにエンジニアの友人がいて分からない時はいつでも聞ける

スクールに通った方がいい人

  • スクールに通うお金がある人
  • エンジニアになる事を決意して最短で成長したい人

テックキャンプ について

それではプログラミングスクールに通うことになった場合、何をポイントにしてスクールを選べば良いでしょうか。

今回は、私がテックキャンプ を選んだ理由と実際にどんな事をやったのかという事をスクール卒業者の目線でお伝えします

テックキャンプの料金(転職短期集中コース)

短期集中コースは648,000円(税抜)と他のプログラミングスクールと比較すると最上位で高いです。

しかし、その料金に見合ったサポートはあったと感じています。

生徒は20代後半〜30代が多い

一度社会人を経験している方がほとんどで、様々なバックグラウンドを持った生徒に刺激を受けながら楽しく学ぶことができました。

生憎このご時世でZOOMでのコミュニケーションのみでしたが、卒業した今でも定期的に連絡をとっています。

同期としてのつながりを持ち続けておけば、もしかしたら今後の仕事で役に立つことがあるかも?

テックキャンプの主なカリキュラム

前提として私が入学した20年6月は、時期が時期でしたので全面オンラインを使ったサービス提供のみでした。メリット・デメリット多々ありますが、私はオンラインのみで十分学習可能だと感じました。

期間は約10週間です。

以下テックキャンプ の主なカリキュラムです。

オンライン教材(4週間)

テックキャンプ独自に作成したオンライン教材に沿って自学自習をします。

教材を通じて簡単なチャットアプリをいくつか作成することができます。

また、自学自習なので生徒によって進捗に差がでます。

サボっても良いですが、約1時間ごとにZOOMを使ってチームでMTGを行うのでサボっているのがすぐバレます。

個人アプリ開発(2週間)

教材を使って学んだ後はいよいよアウトプットです。約1週間から2週間の間で自分が作りたいアプリの制作にチャレンジします。

しかしここでルールが一つ。

メンターを呼んで問題を解決してはいけません。

これが最大の難関であり、また最も成長を実感できる期間です。

自分でググって自分頭でで考えて試行錯誤して一つのアプリを作り上げていきます。

一歩進むたびにエラーの繰り返しで思うようにいかない日々が続きますが、謎が解けた時やアプリが少しずつ完成に近づいていく時に喜びと達成感を味わ合うことができます。

チーム開発(4週間) ※現在チーム開発は廃止になりました

個人アプリを終えるといよいよ最終課題のチーム開発です。約5人のメンバーとフリマアプリを作り上げていきます。

ここでチーム開発ならではの難しさとやりがいを経験することができます。

また実務においてはチーム開発が基本になると思うので、スクールでチーム開発経験を積めるのはかなり貴重になります。

メンターがいるというのは心強い

メンターがいるというのは心強い

「分からない事をすぐに聞ける」というのは初心者にとってかなり大事な要素。

一度つまづくと解決するのに半日以上かかる事もあります。しかもそれがスペルミスなどの初歩的な原因であることもあります。

また、何度もつまづくことで多くの初心者が挫折していくそうです。

メンターがいるということは時間の大幅な節約になり、初心者が最速で成長していくには良い環境なのではないでしょうか。

「10分経っても分からない場合はメンターに聞く」

というルールがあるのでどんどん聞くことができます。

また、メンターは土日を含め毎日10:00〜22:00までサポートしています。

卒業後の転職サポートが厚い

「学習を終えたら卒業」ということではなく、転職組にとっては卒業後の転職活動が本番になります。

キャリアアドバイザーという方が一人一人に付き、最長6ヶ月間転職サポートを行ってくれます。

具体的なサポート
  • 面接対策
  • テックキャンプ経由による企業紹介

テックキャンプ では主にRuby, Ruby on Railsを使った開発になりますが、求人は圧倒的にPHPやJAVAの言語を使っている会社が多いです。

ただし「スクールでの開発経験がある」という実績を持っていることは言語は違えど評価してくれる会社さんが多い印象です。

キャリアアドバイザーの方と二人三脚で転職活動に取り組んでいます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

迷っている方はまずは無料カウンセリングを受けてみましょう。

入会を強制されるようなこともないようなので安心できます。

テックキャンプ - 人生を変えるプログラミングスクール
テックキャンプは、テクノロジーが主役の時代で活躍できる人材へと変えるプログラミングスクールです。

コメント